SCreate株式会社 エスクリエイト

安全革命 Safety revolution

商品とサービス|Products and Service

  • TOP>
  • 安全革命
安全革命機能紹介
RiskAssessment
記録のデータベース化

作業中のデータの記録から今まで実施したデータを履歴管理したり、承認機能を設けることで承認後のデータ改ざんを防止するなど、データベース化により実現しています。

複数人のデータを一元管理したり、リスクアセスメント経過を履歴を見て確認したり、過去のデータの再利用や振り返りも簡単に行えます。
リスクアセスメント記録のデータベース化

用語のプルダウンメニュー化
リスクアセスメントの用語のプルダウンメニュ化

危険源(切断部分、落下物など)や危害(打撲、切創など)などの定型的な用語や使用頻度の高い用語は予め登録されており、プルダウンメニューで表示・選択できます。
また、これにより表現方法も統一されるため確認しやすくなります。

リスクアセスメント時のキーイン作業削減
プルダウンメニューによる用語選択機能と文章抽出機能により、同じ用語を何度も入力する必要がなくなります。
キーイン作業を 約70% 大幅に削減!
インポート/エクスポート

現在作業中のデータ、保管されているデータなどのリスクアセスメントデータや、プルダウンメニュー、危険源などで使用しているマスタデータをインポート/エクスポートできます。

本社にデータをエクスポートして、一括管理したり、類似のリスクアセスメントデータを参考にする、他拠点で同じ内容のマスタデータを使ってリスクアセスメントするなど、使い方も様々です。

リスクアセスメントデータのインポート/エクスポート

文章検索/JIS検索

リスクアセスメントで入力した危険事象の内容は登録され、次のリスクアセスメントより文章候補として表示、転記することができます。適切な文章を選択して下書きにするなど、文章作成の作業効率が向上します。

リスク低減方策のキーワードより、キーワードを含んだJIS規格を表示します。規格を参照しながらリスク低減方策の妥当性を確認できます。

リスクアセスメントデータの文章/JIS検索

リスクアセスメントデータは次の文章候補として、データベースに登録。

登録済みリスクアセスメントデータから文章検索ができ、転記、下書きして作業効率が向上!

PAGE TOP